マルシェから生まれた取り組みたち

 

”このマルシェを通して、
熱海で商売を始められる方を発掘し、中心市街地を再生させるとともに、
熱海で暮らす人々の日々の暮らしを豊かにするきっかけにしたい”

そんな目的を持ってここまで続けてきた、海辺のあたみマルシェ。

あたみマルシェがはじまってから1年が経ち、
現在、このマルシェをきっかけに、いろいろな動き・取り組みが生まれています。

このページではそんな、「マルシェから生まれた芽」を一部紹介します。

 

1.伊東正明 (詳しくはこちら

10922136_574128439383995_2047691533_n
「マルシェをきっかけに、作品を置いてもらえる場所が増えました。」

 

2.宇田水産 (詳しくはこちら

10418178_319072181583939_4376285299256295164_n

 「熱海で生まれ育ったからには、もうちょっと協力していきたいと思いました。」

 

3.トラノコ洋菓子店 (詳しくはこちら

10936459_576809959115843_748207154_o

「カフェでトラノコのお菓子を食べました!という方が
お店にも来てくれて嬉しかったです。」

 

4.マロンヘッド (詳しくはこちら

齋藤千紗さん

「この経験を活かして、今後マロンヘッドでも作品の一部に
革を取り入れてみてもいいかもしれないと思いました。」

 

5.ビブロチカ(詳しくはこちら

10857160_603324559797716_3071420711004991300_o

 「自分が思ったことが1つ1つ実際に目に見えて
形になっているという喜びを実感しています。
熱海は、それを叶えてくれるまちだなと思います。」

 

Share on Facebook