【マルシェから生まれた芽 No.5】ビブロチカ〈後編〉

このページではこれまでのあたみマルシェをきっかけに生まれた、
様々な動きや取り組みを紹介します!

今回は前回に引き続き『ビブロチカ』さんのインタビュー、
〈後編〉をお送りします。(前編はこちら

 

biblotica2
CAFÉ以外にも、豊田さんは、
昨年(2014年)11月のオンたま、ワークショップウィークエンドで
佐藤椿油店とコラボしてアップルパイ作りや、
ハーブオイル作りのプログラムを開催して頂きましたが、
やってみてどうでしたか?

-とっても楽しかったです。
それにこのワークショップで作った椿油のハーブオイルの
商品開発が進んでいるので出来上がりがとても楽しみです。

それは楽しみですね、他にもこのオンたまをきっかけに、
佐藤椿油店の椿油のダイアモンドである
「Camellia Japonica oil」のプロデュースにも携わっていましたよね、
これも豊田さんの提案なんですよね?

-はい、日本の良いものを伝えていきたいなと前から考えていました。
Camellia Japonica oilは国産のとても高級な椿油なんです。
だからその価値が伝わるようなボトルに入れて、
キッチンに置いて嬉しいものが作りたいと思っていました。
みなさんの協力もあり、納得のいくものに完成してとてもうれしいです。

11050729_603324556464383_1645929249779376019_n

このように、活動の幅が大きく広がった豊田さんですが、
色々関わってみて変わったことや、思ったことがあれば教えて下さい。

-変わったことは、全てですね。
自分が想像していなかったことが起きていて、
まさに人生の転機という感じです。
こうなったら良いなと漠然とですが思っていた方向に進んできています。
それに、自分が思ったことが1つ1つ実際に目に見えて
形になっているという喜びを実感しています。
熱海は、それを叶えてくれるまちだなと思います。

最後に、一言、メッセージをお願いします。

-美味しいごはんを食べていたら、
いつの間にか身体も心も元気になるような料理を提供し続けたいです。
そして、1人でも多くの人を笑顔にできたら嬉しいです。

ありがとうございました。
これからも、「ビブロチカ」の豊田ちほさんのご活躍に乞うご期待ですね!

Share on Facebook